豊胸手術で魅力的なバストを手に入れる

豊胸手術の種類

 豊胸手術とは、美容を目的にした手術で、胸を大きくする手術です。美容外科で受けることができます。豊胸手術には数種類の手術があり、それぞれの良い点などに違いがあります。

 豊胸手術には、主に4種類があります。1つ目は、人工乳腺法といわれるもので、胸の小さいことを悩んでいる女性に向いています。インプラントと呼ばれる人工の乳腺を挿入します。バストの大きさは2サイズほどアップが可能です。しかも体に吸収されることのない人工の乳腺を使用しているので、半永久的に術後のバストの大きさを保つことが可能です。

 2つ目は、ヒアルロン酸注入豊胸法です。これは、手軽に行なえるバストアップ方法で、メスを使わずに注射器でヒアルロン酸のシリコンジェルパックを注入してきます。経年とともに注入したシリコンジェルパックが体内に吸収されるので、再注入をする必要があります。

 3つ目は、脂肪注入豊胸法です。これは、自分の脂肪を胸に注入する方法です。バストの触り心地が慣れた固さの自身の脂肪なので、違和感を感じません。

 4つ目は、エイジングブレスト豊胸法です。これは、既に人工乳腺法を受けている方のための方法で、年齢を重ねた体と釣り合いを取るようにバストのボリュームを自然なものへと変える方法です。

 このようにご自身の好みで選択できますので、施術の内容をよく知り、美容外科で説明を受けることが大切です。


==バストアップ方法 関連リンク==
バストアップする方法は豊胸手術以外にも様々です。こちらのサイトでは、バストアップにおすすめの方法を紹介しています →→ バストアップ おすすめ